読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五稜鏡記

写真機についての感想、主にKマウント機。

立春前の長居植物園を散策する

冬は必然的に花が少なくなる季節です。とはいえ、全く花が咲かないわけではありません。ということで、冬の花を探しに長居植物園に来ました。機材は K-1 に FA35。両方ともにまだまともに使ってないので、習熟も兼ねてます。

f:id:goryokyoki:20170201235829j:plain

入口にはフルカラーの立て看板。「長居植物園に おとずれる冬が こんなにも 鮮やかだって 君はまだ知らない」と期待を盛り上げてくれる誘い文句が添えられています。ワクワクしながら入園です。

f:id:goryokyoki:20170202000428j:plain

ゆるキャラのしょくぽんがお出迎え。以前は壁際にポツンと置かれていたのですが、鉢植えの花に囲まれて目立つところに置かれるようになりました。なんとなくうれしそうな感じに見えます。末永く愛されるキャラでいてほしいですね。

f:id:goryokyoki:20170202001000j:plain

こうして開花情報がちゃんと貼られています。チラシもありますので、見頃の花がどこにあるかをウロウロと探さなくてもいいのが親切です。マフラーをつけたしょくぽんのイラストがかわいいです。ニホンスイゼン・ウメ・クリスマスローズあたりを見に行くことにしましょう。

f:id:goryokyoki:20170202001247j:plain

長居植物園の冬、ぜんぜん鮮やかとちゃうやん・・・しょくぽんの嘘つき・・・と愚痴をいいたくなるぐらい色を失った風景です。広葉樹は落葉してハゲてしまってます。春秋の過ごしやすい季節であれば、この柵やベンチのあたりに人が絶えることはありませんが、さすが冬。人通りがないわけではありませんが、あまり時間をかけずに人を排除した画が撮れます。

f:id:goryokyoki:20170202001757j:plain

ニホンスイゼンってどんな花なのかなぁと思ったら、スイセンでした。漢字で書くと「日本水仙」なのですが、なぜ音が濁るのでしょう。FA35 は最短撮影距離が30cmなので、あまり寄れません。絞りはf2.8ですが、よくボケてますね。等倍で見れば木の枝に紫と緑のフリンジが出たりしてますが、フィルム時代設計のレンズですので仕方ないです。ただ、1段絞っても思ったよりも出てるなぁというのが率直なところです。

f:id:goryokyoki:20170202234642j:plain

梅がほころび始めています。ポツポツと花をつけているところ。あと2週間もすれば見られるようになるのではと思います。

f:id:goryokyoki:20170202234743j:plain

全体を写すと全然咲いていませんが、つぼみの色がうっすらと木に現れています。さすがにF8.0まで絞るとキリッとした画になりますね。

f:id:goryokyoki:20170202234923j:plain

クリスマスローズも咲き始めています。こちらも花壇全体からみると先行して咲いている個体です。やや地味な色合いです。寄れないので、ここでも苦労しました。今日は K-1 と FA35 の組み合わせですが、K-01 と DA35 Macro の組み合わせがあればなぁと思った次第です。DFA50 MACRO を買う手もありますが、DFA100 のように防滴になるのを待ってる状態です。

f:id:goryokyoki:20170202235412j:plain

 真冬なのに、見事な菜の花。寒咲花菜(カンザキハナナ)と言うそうで、食用にもできるそうです。ライブビューにしてフレキシブルチルトを活用し、頭の上から撮ったものです。フィルム時代ならノーファインダー撮影で出たとこ勝負だったわけですから、いい世の中になったものです。

f:id:goryokyoki:20170203000030j:plain

f:id:goryokyoki:20170203000041j:plain

花は逆光で撮りたくなりますね。これだ!という出来にならなくて残念でした。もっと腕を磨かねば。上はf4.0、下はf8.0です。近接時は多少絞ったほうがいい結果が出るかもしれません。FA35 は開放F2.0ですが、そこまで使い切らなくても十分と感じました。APS-C 機だと、印象が違うかもしれません。まだそのあたりの感覚が全く掴めていないところです。

f:id:goryokyoki:20170203000534j:plain

バラ園にポツポツ咲いていた、冬咲きのバラです。英名は Schneewittchen (シュネーヴィトヒェン)Schnee ってドイツ語で雪の意味だったよな・・・と微かな記憶がありまして、帰宅して調べてみると Schneewittchen で「白雪姫」の意味でした。なかなか味のある命名ですね。

f:id:goryokyoki:20170203001050j:plain

見事な葉牡丹です。特に真ん中の大きなものは素晴らしかったです。写真でみると周りが小さく見えてしまいますが、周りのものが普通に立派な大きさでした。その素晴らしさをうまく表現できずないのが悔しい・・・ううう。

それなりに花はありますが、温室のない冬の植物園は寂しい感じがします。しかしながら、人も少ないのでゆっくり見てまわって写真をじっくり撮ることができます。防寒対策は忘れずに。温かくなったらまた行ってみたいですね。

Kマウント機のロードマップに関する覚え書き2017年1月版

KP という変化球(に見える球)が投げられたために、前回の覚え書きを破棄しなくてはいけなくなりました。昨年4月の熊本地震の影響という説を出している方もいらっしゃいまして、平穏・平和な日常にあらためて感謝したくなるところ、KP であーだこーだ言えるのも広い目線で見れば幸せなことかと思います。

地震説を出している八百富写真機店ブログでも、このカメラの位置づけをしつこく丁寧に説明されているとおり、ロードマップを予想するのも大変難しくなりました。さらに難しくしているのが、この噂。

この記事の元ソースでは between the K-01 and the K-1000 と記されていますが、KP と混同している可能性も排除できません。とはいえ、KP からペンタプリズムがなくなればかなり小さい機種ができるのでは・・・との思いが頭をよぎったのも事実。妄想全開で今後のロードマップを予想していきます。

続きを読む

KP と他機種のスペック比較と考察

K-70 のときもやりましたように、KP もスペック比較を行います。

続きを読む

KP をリコーイメージングスクエア大阪に見に行く

新機種 KP が去る1/26に発表になりました。てっきり K-3III か ビンテージ調のミラーレスが発表されるものだと思っていたところ、率直に言って「なんですか?これ?」な予想の斜め上を行く機種。販売店さんもユーザーの空気を感じ取っているのか、この機種のアピールポイントを必死になってご説明されておられます。

しかしながら、画像を見ているだけでは小ささや軽さは実感できず、グリップ部の前ダイヤルの操作感はどうなのかは現物を見ないとなんとも言いようがないなと思いまして、昨年11月より土曜にも営業を行うようになり名称も新しくなった、リコーイメージングスクエア大阪に出かけました。

続きを読む

やはり忙しい12月ですが、簡単に今年の総括

FA35 と K-1 を入手したのですが、まだ開封すらできていない有様(泣)年末の最終週に新規の仕事ねじ込んでくるのやめてー。ということで、年内に FA35 と K-1 の開梱をお伝えする予定だったのですが、来年までおあずけになりそうです。

今年は K-1 が発売され、PENTAX ブランドにとって歴史に残る年となりました。歩みは決して早くないですが、来年も楽しませてくれる製品が出てくることを願っています。K-3III がどのようなスペックで出てくるのか楽しみですし、やはり期待しているのはこの噂。

K-01 と K-1000 の中間(between the K-01 and the K-1000)と言われても想像できるのはビンテージ調のミラーレスしかないのですが、果たしてどのような姿になるのでしょうか。あと2ヶ月で CP+2017 ですので、そのときに発表されるかどうかも気になります。なにはともあれ、自分の妄想的予想が当たりそうなのがうれしいですし、予備用の K-01 ホワイト&ブルーを開梱できそうなのもうれしいです。

私が今年購入したのは、冒頭の他には DFA150-450 と Σ85 と Q-S1 で合わせて本体2機とレンズ3本でした。そのうち3つが未だ未開封というのも笑ったらいいのやら泣いたらいいのやら。数は少なかったですが、単価が高かったので、投資額としては多かったです。その他に、PC増設とモニターを24インチから27インチにしてサクサク現像する環境を整えたのですが、未だに Lightroom7 が出てくれないために待ちぼうけになっています。本当にパッケージ版は廃止するつもりなのでしょうか・・・

半年ほど記事を書いていませんでしたが、見てくださっていた方々に御礼をお伝えしておきます。では、よいお年を。