読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五稜鏡記

写真機についての感想、主にKマウント機。

PENTAX の次のAPS-C機は K-70 か?

【2016/6/7追記】正式発表前スペック比較の記事を作成しました。【追記おわり】

デジカメinfoさんで、韓国の国立電波研究所に PENTAX K-70 が登録されているという記事が配信されました。

K-S3 が出るものかと思ったら K-70 いうことで、ベーシックな形状のエントリー機になりそうです。ちょうど1年前に、ボディのロードマップを予想していました。

このときに K-S1 の後継機が今年の3月頃発表になると予想していましたが、K-1 が半年ほどずれ込んだので、今年の夏ボーナス商戦前に出すというタイミングになったのでしょう。熊本での地震の影響もあるので、すぐに発表されるかどうかもわかりません。

昨年予想では

上級系:K-5II(2012/10)→K-3(2013/11)→K-3II(2015/05)
入門系:K-30(2012/06)→K-50(2013/07)→K-S2(2015/03)
提案系:K-01(2012/03)→K-S1(2014/09)

と記していましたが、今回 K-70 として出すということは

上級系:・・・・・・・・・・・・・・・K-1(2016/04)
中級系:K-5II(2012/10)→K-3(2013/11)→K-3II(2015/05)
入門系:K-30(2012/06)→K-50(2013/07)→K-70(2016/06 ?)
提案系:K-01(2012/03)→K-S1(2014/09)→K-S2(2015/03)

ということになりそうです。昨年予想は K-S2 を入門系に分類していましたが、バリアングル液晶付きの変わり種と考えれば、提案系に分類するのが妥当でした。

来月、遅くとも再来月には発表になろうかと思いますので、今からスペック予想してもすぐ種明かしになりそうですが、K-50 からの変更点として、画素数16M→20M、ローパスフィルタレス、ファインダー倍率0.92→0.95、AF11点中央1点F2.8光束対応(SAFOX10)といったところでしょうか。K-S2 のバリアングルなし版の位置づけが妥当なところと思います。ただ、販売側としては、K-S2 の廉価版を K-S2 より高値で売らないといけない状況になりかねませんので、何か訴求点をつくりたいところ。画素数を上げるかAF27点中央3点F2.8光束対応(SAFOX11)が考えられますが、あまり訴求点を作りすぎると K-3II の後継機の訴求点を先食いすることになりかねません。

そのあたり、どのような商品企画で市場に送り込んでくるのかが注目点です。正式発表されましたら、今後の展開を予想してみたいと思っています。