読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五稜鏡記

写真機についての感想、主にKマウント機。

HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW 1stレビュー

天気が悪いという予報だったのですが晴れましたので、予定の合間で試し撮りにでかけました。焦点距離560mmとはどのような世界なのか、まだ自分でも把握しきれないため、K-01にDA★300をつけて同一地点で撮影を行いました。画角比較のため、いつもより縮小して掲載してみます。1枚目がK-01+DA★300、2枚目がK-5IIs+DA560です。まずは遊歩道で圧縮効果の確認です。

f:id:goryokyoki:20150524212946j:plain

f:id:goryokyoki:20150524212957j:plain

道端の花です。被写界深度が狭すぎます・・・

f:id:goryokyoki:20150524213042j:plain

f:id:goryokyoki:20150524213153j:plain

望遠レンズらしく遠くを狙い撃ち。

f:id:goryokyoki:20150524213309j:plain

f:id:goryokyoki:20150524213331j:plain

かなり遠くにある鉄塔を撮りました。DA560は傾いています。手持ち撮影だと、フレーミングをするのも一苦労ですので、どうしても水平が取れないことが多いです。

f:id:goryokyoki:20150524213414j:plain

f:id:goryokyoki:20150524213421j:plain

すすきのような植物を逆光で撮りました。

f:id:goryokyoki:20150524213645j:plain

f:id:goryokyoki:20150524213652j:plain

最後にクレーン車です。

f:id:goryokyoki:20150524213811j:plain

f:id:goryokyoki:20150524213817j:plain

あたりまえすぎるのですが、やはり560mmは遠くのものを引き寄せる力がすごいです。300mmでも肉眼で視認するのは難しい子細が見えてくるのですが、560mmともなると完全に肉眼無理なところまで見えてきます。